エンジン不調<その原因は?>

NSR250R
NSR250R

 ご自身にてエンジン修理(ピストン クランク交換されていました)車両です。

直キャブ チャンバー仕様で どうもセッティングがうまくできないとの事です。

 

 お客様は元整備士の方でキャブの取り扱いにもなれていらっしゃる筈なのですが、自信をなくした様子でご来店されました。

 

  現車確認の為 エンジン始動OK 空ぶかしOK 5000rpmから1000rpm刻みに レーシングして見ますが????? 

   高回転側で失火気味のような・・。って 5000rpm以上回らないっていわれていたの、思い出しました。で 試乗です。

 

 

まずスタートしてすぐ

① スタートし辛い (トルク不足?)

② スロットルレスポンス にぶい 

③ 音は二気筒だけど 音にパンチがない。迫力がない。

 

低負荷時

① 回転に違和感はないが トルク感不足

② 5000rpn超えると回転上昇にひっかっかりがでる。

    ひっかっかり方はランダムで回転域とスロットルや負荷とは無関係。

高負荷時

① なんとか8000rpm以上を使用するもトルク感なし。低負荷時と同様か。

 

 

  ってしているうちに 突然125ccに!!!! ???

 あっ !もどった !・・・? えっ おや ??

 

 

右のチャンバーからだけ 白い煙が・・・ で パン! パパン!!! パン!

 

 

て いいながら アイドリングしています。

 一先ず 動いているうちに 店にもどり(もどれるのかな~~??)ます。

 

 

電気! 電気!やっぱり電気!!
電気! 電気!やっぱり電気!!

 原因は こいつ!!!!

 

 プラグキャップ+IGコイル です。(付け替えてみました)

 

リミッターカット車にとっては このコイルは間違いなくい消耗品です。

 コイルもキャップもまだまだ部品でますよ。

(じゃんじゃん注文してください。多数の注文の入るものは作り続けるはずです。)

 

 

不調の原因はわかりましたが、やはり ジェッティング必要ですね。

ご本人さんの思い過ごしです。

 原因はキャブセッティング不良ではありませんでしたから。

 NSRらしい加速感には まだなっていませんから。

あと残念ながらフロントフォークオイルもれ発生です。

 こちらも追加修理 必須です。

 

多数の部品の集合体ですから、症状だけでは原因が特定し辛いこともあります。

 不具合から発生している症状なのか または単に状態なのか

(タイヤの空気だと くぎ踏んでパンクなのか 

          自然とぬけただけなのか ミタイナ)

 

診断! 判定! は ほんと 難しい !!!

 

そろそろ 診断料 設定しようかな?

 折れてる 割れてる 曲がってる はいいけど、見るでなく診るは 手間も時間も頭も大変 大変 。

 お医者さんは 

みる(診察) 

やる(消毒 縫合 施術) 

だす(投薬指示)    別々ですよね。

 

  当店は

みる(診断 点検)

やる(実作業 整備 交換)

だす(部品 オイル ケミカル類)

みる やる いっしょくた だからわかりづらいのかな?

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    seks telefony (火曜日, 31 10月 2017 21:36)

    nieprzepierdalanie

  • #2

    seks telefon (金曜日, 03 11月 2017 19:37)

    Rynkowski